社長あいさつ

 

社長あいさつ

 当社は1967年に亜鉛ダイカストメーカーとして操業しました。以来、鋳造後の製品の加工、アルミダイカストへの取組と進めてきました。加工についてはNC旋盤、マシニングセンタを導入し、より精度の高い加工が行えるようにしました。また、三次元測定機もいち早く導入しました。2015年にはCTスキャナも導入し、鋳造品の内部巣の状態を観察できるようになりました。
このようにお客様の求められる様々な要望に応えられるよう進めております。
 別事業として2003年には3Dプリンタをいち早く導入、プラスチックの試作品、プロトタイプの製作に取りかかりました。この分野においては十数年の経験を有し、ただ形作るだけでは無く、より高精度で仕上がり精度のよい製品を製作することが出来ます。
 三協ダイカスト株式会社は、今後も技術の向上及び品質の向上に努め、お客様のニーズに応えてまいります。今後ともより一層のお引き立て賜りますようお願い申し上げます。

恋人に自慢できる会社に!
 この会社を「自分達の恋人に自慢できる会社にしよう」
 ダイカストって夏は暑いし、きついし、汚れるし、3K職場そのもの。汚れる仕事、暑い仕事はダイカストに限ったことではありません。でも確かにダイカストって嫌われやすい。でも世の中に必要とされているし、世間で言われるほど3Kではない。自分の仕事、会社を自慢できるようになったら素晴らしい。
 ではなぜ恋人か?家族(配偶者や子供達)ではないのか。世間ではよく自分の子供に自慢できる会社にしようと言われます。でも家族というのはその人そのものをすでに受け入れています。でも恋人という存在に対しては自分をよく見せようと皆努力すると思います。自分のすべてを受け入れてほしい、理解してほしいと。その様なときに自分の勤めている会社を自慢できたらとても素晴らしいことです。そんな会社に社員と一緒にしていきたいと考えています。

ホームページ作成委員会の様子